大人の学力テストに表れたドイツの教育事情…子供に自由を与えすぎた旧西独は東独に惨敗…日本はトップ

OECD(経済協力開発機構)が、このたび初めて、いつもの子供の学力テストではなく、大人の学力テストを行った。24カ国の産業国の16歳から65歳が対象だ。

 その結果が、去る10月8日に発表されたのだが、それによると、ドイツ人の大人の学力が全くトップクラスではなく、読解力においても、簡単な計算においても、ごく中庸であることが判明した。

 ドイツ人はショックを受けているが、私にしてみれば、当たり前。一般のドイツ人の学力は、私が普段感じることだけを取ってみても、日本人と比べるとかなり貧弱だ。

 テストされたのは、高度な知識の有無ではなく、ごく基礎的な内容だ。第1次世界大戦がなぜ始まったかとか、なぜ月には上弦と下弦があるかなどという難しいことは問われない。温度計を読めるかどうか、そして、その温度より20度下がると何度になるかというような、中学1年生程度(あるいはそれ以下)のものだ。

 ただ、今回のこの問題の場合、答えがマイナスの温度になったので(例えば、17.5度から20度下がるとマイナス2.5度)、間違う人が増えた。日本の読者は信じてくれないと思うが、ドイツ人には、負の数字、分数、小数点以下の計算、そして%が分からない人が少なくない。もちろん、子供ではなく、大人の話だ。

 ちなみに、今回のテストで上位を独占したのが、国語も算数も日本とフィンランド。要するに、一般的日本人の学力が高いということだが、これも私にしてみれば当然の結果だ。


宅配便の複雑なシステムを維持できる日本人の学力レベル 

いつも書いていることだが、日本は義務教育の質が良く、したがって国民の、昔の寺子屋でいう「読み、書き、そろばん」という基礎知識のレベルが揃っている。つまり、学力レベルの最低線が抜群に高い。

 良い国家を運営する上での最大の利点、かつ、必要不可欠な要素は、超優秀な人が何人いるかではなく、国民の学力レベルの底辺がいかに高いかだと、私は常々思っているので、私の考えが正しいなら、日本は大変恵まれたスタート地点にいるということである。

 そもそも、国民の学力水準が低い国では、民主主義はうまく機能しない。民主主義は数が勝負なので、烏合の衆の意見が通ってしまうと都合が悪いだけでなく、多数決の力を借りて、皆で積極的にとんでもない指導者を選ぶ可能性もある。良い民主主義の前提は、国民に考える力があることだ。

 また、国民の学力水準が低ければ、社会にロスが多くなる。社会というのは分業で、高度な社会ほど複雑な分業になっているが、分業の末端にいる人たちの能力が低いと、システム全体がスムーズに動かない。

 日本の宅配便は全世界に誇れる高度なシステムだが、彼らが、お客の、「いくらお客様は神様と言っても、こんなことをまで」と思うほどの過度な要求に対応できるのは、社内の規律が厳しいからだけではない。従事している人全員の質が揃っているからだ。


末端まである程度の能力のある人たちが配置されていなければ、いくらお尻を叩いても、あのような高度なシステムは機能するはずがないのである。

 全員が頭を使って働けるか、それとも、頭を使える人が一部しかいないかでは、全体の仕事の質やスピードに想像できないほどの差が出る。そういう意味では、分数のできない従業員を相手に四苦八苦しなくてもよい日本の雇用者は、とても幸せである。



義務教育の充実は住みよい社会をもたらす


 さらに、社会の質を決める道徳や倫理などというものも、学力水準とは切っても切れない縁がある。自分さえよければいいという社会はもちろんのこと、単に公衆道徳が悪いだけでも、社会は大変住みにくくなる。そんな嫌な経験を、日本人は今まであまりせずに暮らしてきた。

 日々の生活に精一杯では、よほどの聖人でない限り、他人のことまで考えが及ばず、特に、お行儀などもどうでもよくなるのは当然のことだ。ドイツの劇作家ブレヒトも、有名な『三文オペラ』の中で言っている。「まずは腹ごしらえ、それからモラル」と。

 確かに、貧富の差が極端に大きい社会にはモラルの根づくチャンスは少ない。裕福な人は富を守るために、そして、貧しい人は少しでも富を得るために自己中心的になる。

 その貧富の差を作るのが基礎学力の差だ。そして、基礎学力の差をもたらすものが、義務教育の差。つまり、義務教育がうまく機能すればするほど、学力の格差は少なくなり、知的水準が上がり、社会は平等になる。

 義務教育の充実ほど、将来に希望をもたらす前提はない。そして、この素晴らしい前提を享受してきたのが日本だ。なのに、日本人はその素晴らしさにあまり気づいていない。

 ただ、間違ってはいけない。いくら義務教育が良く、国民に基礎学力があり、貧富の差が少ないからといって、では日本人が一様にドイツ人より優秀かというと、それは違う。ドイツ人に優秀な人が多いことは、私が別にここで力説しなくても、ノーベル賞受賞者を見ただけで分かる。



 先のOECDのテストは、いわゆる寺子屋の「読み、書き、そろばん」という基礎知識のテストであったが、打って変わって大学生、大学院生を対象に、もう少し高度な知識のテストをするなら、ドイツはおそらく上位につけるだろう。少なくとも、日本の大学生が1位で、ドイツの大学生が中庸とはならないはずだ。

 その理由は、日本の大学が玉石混交であるのに比べて、ドイツにはほとんど国立大学しかなく、それも、アビトゥアという高校(ギムナジウム)の卒業試験に合格した者しか、大学に行くことができないからだ。

 アビトゥアは、州ごとで一斉に行われ、日本でいえばセンター試験に似ている。そして、とても難しい。ドイツの大学生というのは、少なくともこの難しい関門を通り、ギムナジウムを卒業できた人たちなのである。



崩壊するドイツの初等教育システム

 そんな優秀なはずのドイツ人が、大人も子供も、OECDのテストで良い成績が取れないのは、つまり、ほかに理由があるということになる。それが初等教育システムの欠陥だ。

 ドイツは戦前までの長い間、アカデミックな層と職人の層が確固たる2本の屋台骨となって、しっかりと社会を支えてきた国だった。学問を究めた者はもちろん尊敬されたが、職人で修業を積んでマイスターの称号を得た者も、社会でそれなりの地位を確保し、人々の尊敬を集めることができた。

 この両者の棲み分けと、互いの立場の尊重こそが、ドイツのよき伝統であり、発展の要だったことは疑うべくもない。

 したがって、当時の学校制度はそれに見合うものであった。全生徒が一斉に教育を受けるのは4年生までで、そのあと、進路は3本に分けられた。大学に進む生徒が行くギムナジウム、職人になる生徒が行く基幹学校、そして、その中間の、学問はしないが職人にもならない生徒が行く実業学校だ。

 職人の行く基幹学校には、当然のことながら、良き職人を目指す志の高い生徒がいたのである。ところが、今、ドイツの職業地図は様変わりし、昔のような職人の世界は消滅しつつある。職人がコツコツと身につけた技は、今ではコンピューター制御の機械がやってくれる。

 なのに、学校制度だけが残っている。ドイツでは、今でも多くの州では、小学校4年生が終わった時点で進路を3本に分けている。しかも、4年生のときの、国語と算数の成績だけで分けているのだ。

 その結果、何が起こったかというと、基幹学校の崩壊だ。今やここには、家庭からのサポートを受けられない、あまり恵まれない環境の子供や、外国人でドイツ語を満足に解せない子供ばかりが流れ着いてしまう。もちろん、職人になるつもりもない。

 ただ、基幹学校だけは、どんなに成績が悪くても、誰でも入れてくれる。そうでなくては、義務教育を終了できない生徒ができてしまう。

 悪貨は良貨を駆逐するがごとく、実業学校の程度もあまり芳しくない。皆が大学に行きたい時代なので、多くの人がギムナジウムに殺到するからだ。だから、辛うじてレベルを保っているのは、現在、ギムナジウムだけ。



旧西ドイツの学力が旧東ドイツに劣った理由
 

ドイツでは、知的水準の二極化が起こっている。この状態のまま、無作為に人間を抽出してテストをすれば、もちろん平均値がぐっと下がる。これが、ドイツ人が学力テストで良い成績を取れない理由だ。

 このひずみを直そうという声は、すでに20年以上も前からある。しかし、ギムナジウムの優越性に執着する人は多い。だから、教育制度の改革は、かけ声だけで一向に進まない。



なお、今回の大人の学力テストで、大変面白かったもう1つの現象は、旧西独の人の学力が、旧東独にくらべて、軒並み低かったことだ。これは、東西ドイツで、教育の方法が明らかに異なっていたことを示す。

 戦後の西ドイツでは、権威主義を嫌い、教師が教壇の上から生徒に教えることさえ疑問視し、自主的授業やグループ授業を優先した。

 基礎的な知識を徹底的に教え込もうとすると、それは押しつけであると非難されたものだ。うちの子供たちが小学校時代、教師は、長い休み中に宿題を出すことさえできなかった。

 東ドイツには、この問題がなかった。生徒たちは基礎学力だけはちゃんとねじ込まれていたのだ。

 その違いが、今回のOECDのテストに表れたのは興味深い。子供を教育する過程で、あまりにも自由を強調すると、かえって子供の能力をスポイルすることになる証拠かもしれない。

 いずれにしても、国民の学力の最低レベルの高い国とは、単純労働しかできない人の割合が少ない国だ。労働効率におけるポテンシャルが高い。日本は、今、手にしているその貴重な財産を手放さないよう、十分に気をつけた方がいい。エリートを育てるのは、その後のことだ。



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ

★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。














関連記事