日本の援助に仇で返し続けてきた韓国 困った時には救いの手を求め、脱したとたんに「バカにするな」




この記事を拡散するために、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



日本の援助に仇で返し続けてきた韓国 経済破綻しても自業自得


 日本と韓国が緊急時にそれぞれの通貨を融通しあう通貨スワップだが、日本にはほとんど メリットがなく、韓国救済が目的といっていい。経済評論家の上念司氏が解説する。

「2011年には700億ドルに増額していた日韓スワップですが、2012年10月に韓国が難癖を つけて延長せず、再び30億に。そして今年7月に日韓通貨スワップはなくなった。まだ残って いるのは2003年のチェンマイ・イニシアチブの分の100億ドルだが、20億を超えるとIMFの管理が 入るので実質20億が上限。これも再来年2月で切れることになる」

 韓国の態度は、困った時には救いの手を求め、困った状況から脱したとたんに「バカにするな」 といってその手をはたくというものだ。ところが、上念氏は、韓国が再び日本に救済を求めてくる だろうと予測する。


「韓国はこのままいけばウォン高になり、輸出産業がダメになる。しかしウォン安政策をとれば 海外の投資家がウォン売りに走り、投機的なウォン売りが起きる。韓国は対外債務が非常に多いため、ウォンの買い戻しができず、再び通貨危機になる可能性が高い。日本に通貨スワップをお願いにくるしかない」(同前)

 2013年6月末時点で、韓国の対外債務残高は4118億ドル(約40兆1000億円)で、3か月前に 比べて15億ドルも増加している。

 一方、これほどまでに反日を鮮明にしている朴槿恵(パク・クネ)大統領は、性格的にも「日本に 助けてくれとは口が裂けてもいえないだろう」と語るのは韓国経済に詳しい経済評論家の三橋貴明氏だ。

「韓国は中国に擦り寄って、今年6月には通貨スワップ協定を3年間延長することで合意した。しかし、 韓国がいざ中国に助けを求めても、中国が援助の手を差し伸べることはないだろう。それどころか、 スワップ協定を反故にしてウォンが暴落するにまかせ、韓国企業を買い叩く手に出るのではないか」

 そうなると、最終的に韓国が泣きついてくる相手は日本しかない。だが、これまでの歴史を見る限り、 韓国を助けても仕方がないとの結論に到らざるを得ない。


半導体技術を韓国企業に供与してサムスンをはじめとする電子メーカーを育て、さらに通貨危機の際には身を削ってまで韓国を助けてきた日本。

それらをことごとく仇で返してきたのが韓国という国である。



 こんな国が経済破綻したとしても、まさに自業自得。これこそ、日本が「歴史を直視」した結果、導き出す答えである。

※週刊ポスト2013年12月13日号


NEWSポストセブン: 2013.12.05 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131205_229629.html





この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ




関連記事