FC2ブログ

済州島ではむかし人糞をえさにして豚を飼っていたから、僕らは『くそブタ』と呼ばれていたんですよ



ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ






■韓国での地域差別の酷さ…在日朝鮮人は、そんな差別から逃れる為に日本へ密入国してきた


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
済州島出身の韓国人から、こんな話を聞いたことがある。

「朝鮮の地域差別は、日本人にはちょっとわからないと思うくらいひどいんですよ。 『陸地』でも慶尚道の人間は全羅道の人間を差別するけれど、それは『人間として』差別するんでね。

慶尚道の人間も全羅道の人間も、済州島の人間を人間扱いしなかった。 牛や豚の同類として差別したんです。 済州島ではむかし人糞をえさにして豚を飼っていたから、僕らは『くそブタ』と呼ばれていたんですよ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■済州島

歴史的経緯から地域差別が酷く、1948年4月3日に起った済州島四・三事件では、少なくても死亡者6万人 日本に密入国してきた在日朝鮮人は「済州島出身者」が多いそうだけど 韓国では在日韓国人が蔑視される理由も、これが理由だそうです 。







■韓国政府の高官が「在日朝鮮人は差別されて当然だ」と発言

★韓国では、在日朝鮮人の多くが、韓国の被差別地域の出身者だと認識されている
★韓国では全羅道や済州島出身者に対する差別が激しくい

韓国のネットには今も「在日には愛国心がない」「軍隊に行かないゴミども」「在日は朝鮮戦争やベトナムで血を一滴も流さなかった」という書き込みが散見される。

もうひとつ、根深い問題がある。評論家の室谷克実氏が語る。

「韓国では全羅道や済州島出身者に対する差別が激しく、『在日の多くがこれら被差別地域の出身者』という認識があるのです。
★⇒かつて、全斗煥大統領の秘書官は、私に『全羅道、済州島出身の在日は差別されて当然だ』と話していました。これが彼らの本音なのです」
 
この先、韓国社会のフラストレーションの捌け口として在日への風当たりがますます強まるのではないか。

※SAPIO 2016年11月号

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20161009/Postseven_454829.html






■李朝の末期になると支配の力がしだいに緩み、お金で両班の身分を買うことが可能な状態も生まれました。
同時に家系図(族譜)を書き換えて自らを両班の家系に見せかけることが横行しました。そして、戦後は朝鮮戦争の為に多くの戸籍が焼失したり紛失したこともあって、今ではほぼ100パーセントの人々がみんな両班の家の出になっています。

…「日本の驕慢 韓国の傲慢」 p115 渡辺昇一、呉善花…より







Q.在日朝鮮人1世の出身地を教えて下さい。
A.99.4%が南部(現在の韓国)出身です。更に17%が済州島出身です。


Q.どうして99.4%が南部(韓国)出身なの?
A.日本に近い南部の人が日本に稼ぎに来ました。


Q.どうして17%が済州島出身なの?
A.戦後、李承晩大統領による済州島民の虐殺から逃げて、
日本に密入国 したからです。(関連:済州島四・三事件-Wikipedia)


Q.在日は強制連行されたの?
A.他の日本人と同様徴用された20万人の殆どは終戦後に帰国。
残ったのはたった245人です。(朝日新聞 1959年7月13日)
つまり今日本にいて偉そうにしてるのは・・・


Q.在日は帰りたくても帰れなかったの?
A.戦前の在日人口200万人のうち140万人が終戦直後に帰国しました。つまり帰れました。


Q.どうして60万人は日本に残ったの?
A.朝鮮で白丁(ペクチョン)と呼ばれた「奴隷階層」が多く、帰ると差別されるからです。
また戦後のドサクサに日本人から盗んだ財産を放棄するのが惜しかったからです。


Q.えっ?じゃあどうして在日が被害者ヅラしているの?
A.日本人に罪悪感を抱かせるしか自身の存在を正当化できないからです。








■「強制連行された朝鮮人など一人も見たことない」…在日韓国人のブログ より

http://d.hatena.ne.jp/lovekorea/20050201#1107216097


それが変わったのは、ふとした拍子に父(在日コリアン二世)と、この話をした時からです。 彼が言うには、オレが今まで生きてきた中で、「強制連行された本人」、あるいは「その子供」など一人たりとも見たことがない。 爺さん婆さんはもちろん、親類・縁者・友人・知人も皆そうだし、そんな話は聞いたことがない。

さらに、だいたい、強制連行されて来たヤツがいたとして、日本でそんな嫌な思いしたヤツなら、戦後すぐに祖国に帰ってるはずだろ。
★日本にいる朝鮮人のほとんどは、「日本で一旗あげたるでー!」と気合入れて来て、 ずるずると居残った連中とその子孫がほとんど。 うちもそう。

実際のところ、ボクも「強制連行された」人や「慰安婦をさせられた」人には会ったことがありませんし





■『別冊正論』第2号〈平成18年4月〉所収
『 反日に打ち勝つ!日韓・日朝歴史の真実 』…在日朝鮮人のプロレスラー前田日明氏の発言 抜粋



★当時、朝日新聞をはじめとするマスコミの「地上の楽園」といういい加減な報道に乗せられて北朝鮮に帰ったんです。
★韓国に戻れば、在日というだけで就職差別や日本では想像もつかない差別を受ける

「 日本は、煩悶、苦悩を重ねた上で戦争をせざるをえないと覚悟を決めてやったわけです。
男子に生まれ徴兵されたら、否が応でも戦うしかない、そういうギリギリのところまで国とか公に殉じた精神、心根を汲まなくて、侵略だ悪だと断罪するのは、それこそ卑怯だ。
まるで時間のカンニング・ペーパーを使って当時の日本を侮辱する人たちは、本当に嫌ですね!
しかも自分は日本人の罪を認めています、悔やんでいますという、 自分だけ良心の高みにおいているかのような感覚でいる連中が、もうたまらなく嫌です。
   ( 中略 )
戦争が終わって50年以上たっているのにとやかく言うのは、どうかと思うんですよ。
奥歯をぐっとかみしめて、こらえているという矜持が在日朝鮮人からは感じられない。

◆◆⇒⇒名前を出して悪いけれど、辛淑玉さんなんか見てると、情けなくなってくる。
差別とか、日本は加害者とか叫び続けるだけで一生終わるのかと思うと、とても俺は共感できない。
   ( 中略 )
在日への差別問題も、日本の部落問題と同じく、それを 『 食い物 』 にしているのがずいぶんいます。
 現役引退を契機に出自を公にしたら、もう嫌になるくらい多くのやつが寄ってきましたよ。
   ( 中略 )
総連や民潭は日本に差別だと騒ぐけど、韓国や北朝鮮で同胞がどういう目に遭わされているか、世の中に聞こえるような形では誰も絶対に言わない。一体何だこれは!?

◆◆⇒⇒韓国に戻れば、在日というだけで就職差別や日本では想像もつかない差別を受けたり、北朝鮮に帰国すれば、それこそ殺されるような惨い目に遭わされたりする。

俺の親戚にもいるんです。父のすぐ上の伯父です。北朝鮮への帰国運動が始まったのは昭和30年代半ばだけれども、
◆◆⇒⇒当時、朝日新聞をはじめとするマスコミの「地上の楽園」といういい加減な報道に乗せられて北朝鮮に帰ったんです。
北朝鮮に渡った俺の叔父さんも消息不明のままだ!
こうした財産権や生命に直結する、不当な差別には絶対黙っておきながら、 日本での差別反対とか、参政権をよこせとか言う連中を、俺は絶対に信用できない!」






■日本の新聞に…韓国人留学生が投稿…「在日韓国人はコウモリみたいな奴らだ…祖国で国民の義務を果たせ」

韓国人の場合、健康な男性は 誰もが 2年間の軍隊生活を義務付けられている。
北と南に分断され 緊張状態が続く 韓国の特殊な事情上、 定められた 法律上の義務である。
しかし、世の中には 韓国の国籍を持つ 健康な男性でありながら、この義務を背負わなくてもよい特殊 な部類が居る、在日韓国人といわれる部類である。

彼ら在日は 歴史的な事情により、韓国の国籍を持ちながら 日本の永住権を持ち 日本で生活しているコウモリ的な存在である。

国民の 義務は負わないのに 権利だけを持つ 彼らには 韓国の国民でありたいのであれば 軍隊へ行き国民の義務を果たすか、それがいやなら日本に帰化してしまえと いわざるを得ない。
おいしい所だけを持って 被害者面で 甘えている彼らは 精神的再教育が必要なのである。
私は特に 自ら考えることを怠けている 在日諸君に 軍隊をお勧めする。 溢れてくる情報の中で自ら考えることを忘れ、他人の考えのまま、 もしくは 誰の考えとも言えない 住所不明の考えのまま 流されている そこの貴男に お勧めする。

おそらく 貴男は考えることの重要性・自主性の重要性について 全く無知であるはず。
浅い考え、ろくでもない価値観で 世の中、知りきった つもりでいるはず。
そんな貴男に ピッタシの所、何も考えなくてもよい世界を紹介しよう。
いや、むしろそこは 何も考えてはいけない、完全に 将棋の駒にならねばならない所である。
その 軍隊といわれる世界が 貴男を待っている。
うまく行けば、自ら考える権利を 完全に奪われたショックで 自ら考える重要性に 目覚めるかもしれない。
少なくとも 男らしい逞しい体は 手に入れることができる。 さあ、結論は 軍隊だ。

『 在日韓国人も 軍隊へ行くべきだ 』  ソウル出身 明治大学 3年 朴 卿鎬


http://hoi333.blog.fc2.com/blog-entry-6.html





この記事を拡散したいと思ったら、応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ



★ ★↑↑ 記事はここまで ↑↑★ ★



■国際関係アナリスト北野幸伯氏の無料メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」

国際関係アナリスト北野幸伯氏の国際情勢の分析を、無料で読むことができます。

★まぐまぐ2015年総合大賞1位

数年前のバックナンバー記事を読むと、現在の国際情勢を正確に予知していることに驚きますよ

★このメルマガの無料購読申し込みは(バックナンバーも読むことができます)
http://www.mag2.com/m/0000012950.html





■終戦直後の日本人引揚者を襲う朝鮮人たち…「竹林はるか遠く」

朝鮮人の男たちが、藪の中へ女の人たちを引きずっていくのを見たし、若い女性に乱暴しているのも見たわ(111頁)。

彼ら(朝鮮人)は悦楽を求めて人々の間をよろよろ歩き、そして娘たちを見つける度に外へ引きずり出した。たびたび女たちの悲鳴が響いた。(118頁)。

また、朝鮮人が、日本人を殺したうえで金歯まで抜いている記述もある(129頁)。








■通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日
北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な日本人虐殺事件が発生した■


夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろ」…そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す。

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。
頭の皮を剥いでしまったら、今度は目玉を抉り取るのです。このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。








関連記事