面倒な事は他国にやらせろ!」という「バック・パッシング」の論理。 「他国を使って侵略的な国家を抑える」…「アメリカと中国を直接ぶつけさせるのがよい」

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2014年2月14日 「面倒な事は他国にやらせろ!」という「バック・パッシング」の論理。
┠──────────────────────────────────

おくやまです。

前回は、日本を代表する国防・安全保障の専門家である
森本敏元防衛大臣の提唱する「オフショア・バランス」
という概念について簡単に論じてみました。

(参照)
▼森本敏氏の「オフショア・バランス」論はカン違い?!
http://archive.mag2.com/0000110606/20140207112227000.html

私は森本氏が
「日本が自ら中国にぶつけられるような提案をしているように見られる」
という可能性を指摘したわけですが、
その時に「バック・パッシング」という概念について触れました。

この「バック・パッシング」(buck-passing)という戦略は、
日本ではまだまだ馴染みのない概念ですので、
今回はこれを簡単に説明してみたいと思います。

-:-:-:-:-:-:-:-:-:--:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

「バック・パッシング」というのは、
私が翻訳した『大国政治の悲劇』(http://goo.gl/AaSyeq
の中で、原著者のシカゴ大学教授である
ジョン・ミアシャイマーが提案した概念です。

彼はこの戦略が、過去200年間の大国同士の関係において
頻繁に使われているということを、
歴史の例を豊富に使いながら解説しております。

その例として使われているのが、主に以下の4つ「多極時代」のケース。

1,ナポレオン戦争(フランス)
2,プロイセンのドイツ統一(ドイツ)
3,統一後のドイツ帝国(同上)
4,ナチス・ドイツ(同上)

そして、こららの例を参考にしながら、
脅威となった大国に対して、
周辺の大国たちがどのような戦略を使って
対処してきたのかを説明しています。

そこで最も使われていたのが、
今回説明する「バック・パッシング」という戦略。

ミアシャイマーによれば、これは

「自国と同じように脅威を受けている他の国をつかって、
その面倒な仕事を肩代わりさせる」

というものです。

そしてその「面倒な仕事」というのは、
脅威となっている大国を直接押さえ込む、というものです。

このような直接脅威を抑え込む仕事を
「バランシング」(balancing)といいます。

つまり「バック・パッシング」という戦略は、
脅威を及ぼしてくる国たいして、
別の国を使って対抗(バランシング)させる、
というものです。

「バック・パッシング」の典型的な例を挙げるとすると、
19世紀後半にプロイセンがドイツを統一しようとしていた時に、
イギリスやロシアがプロイセンにたいして使っていた戦略が
「バック・パッシング」です。

なぜか?当時のイギリスとロシアは、
実は統一しつつあるドイツ(プロイセン)よりも、
「むしろヨーロッパ最大の脅威はフランスである」
と考えていたからです。

そしてこの「最大の脅威」であるフランスに対抗するために、
イギリスとロシアが使った戦略が、
「勃興しつつあったドイツを利用すること」
だったのです。

つまり、恐るべきフランスよりは、
それに直接対抗(バランシング)してくれるような
ドイツの存在を認めたほうがいいよね、ということで、
ヨーロッパの中央にドイツのような強力な国家が出現するのを認めて、
むしろそれを支援するような動きに出たわけです。

これは、ドイツの側からすると、
「フランス」というコワい存在と直接対決したくない、
イギリスやロシアから、いわば「肩代り的な存在」
として"利用された"・・・ということになります。

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

さて、これを現在の東アジアに当てはめて考えてみましょう。
この場合の「脅威」となる大国というのは
一体どこの国でしょうか?

少なくともアメリカと日本にとっては、
それが中国になるというのは
当然のように思われます。

そうなった時に、もしあなたがアメリカの大統領の立場にいて、
厳しい国家財政を抱えた状態で、
国防を安上がりしようすれば、
何が最適な選択肢になるでしょうか?

リアリスト的な前提からいえば、それは当然、

「他国を使って侵略的な国家を抑えること」

となります。

このケースの場合には、中国の周辺国を使って、
中国に直接対抗(バランシング)してもらい、
自国はリスクを背負わずに安全でいることを目指すわけです。

そしてこの場合、日本と中国がぶつかって衝突し、
あとで両者が疲弊したとに、
まるで白馬に乗った騎士のようにさっそうとあらわれて、

「君たち、戦争はやめたまえ」

とボロボロになった日中両国に対して、
停戦を呼びかけるというシナリオになります。

「いやいや、そんなことアメリカがやるわけないじゃないか」

と言いたくなる方もおられるかもしれませんが、
アメリカは既にこのようなことを
第二次大戦で"実践"しております。

アメリカはノルマンディー上陸作戦(1944年)で
本格的にヨーロッパ戦線に参加しているのですが、
この時はすでにナチス・ドイツ側は、
国防軍を東側のソ連との戦いで6割近くも失った状態でしたから、
アメリカが参戦してきたときには
すでに「勝負あった」と言っても過言ではありません。

これを言い換えれば、

第二次大戦の末期となるノルマンディー上陸作戦まで、
アメリカはソ連(とフランスとイギリス)に、
ナチス・ドイツを「バランシング」させていたのです。

つまりアメリカから見れば、ナチス・ドイツの脅威にたいして、
ソ連などの諸国に「バック・パッシング」していた
ということになるのです。

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

さて、ここまでの議論を踏まえて、
読者の皆さんにも考えて頂きたいのですが、
果たして、現在の日本は
他の大国に「バック・パッシング」を行って、
パワーを温存、もしくは相対的に上げることができるのでしょうか?

現在考えられるパターンとして最も理想的なのは、
何と言っても、東アジア最大の脅威である中国を、
アメリカさんにお願いして抑えこむ、
もしくは封じ込めてもらう、
ということです。

もっと大胆に突っ込んで言うと、
「アメリカと中国を直接ぶつけさせるのがよい」
ということになります。

「アメリカにバック・パッシング?そりゃ無理だろ!」

と、多くの皆さんからツッコミが入りそうですが、
実は日本は一度だけ(おそらく、意図的に狙ったわけではなく)、
これを成功させております。

それは1950年から3年間続いた朝鮮戦争です。

日本は当時、ポツダム宣言を受けてアメリカの占領下にあり、
海外での武力行使などは完全に禁じられていた、というより、
そんなことをできるような状況にはありませんでした。

ところが、金日成率いる北朝鮮軍の南下によって、
朝鮮半島は火の海になりました。

ここでアメリカは「国連軍」という名の元に
北朝鮮(とその背後にいる中国)にたいして「バランシング」、
つまり武力介入を行ったわけです。

本来ならばこの仕事は日本の仕事だったわけですが、
日本は無力化されていたので、
仕方なくアメリカがこの重責を直接負うことに。

これは見方を変えれば、朝鮮戦争の時に
日本はアメリカに「バック・パッシング」をしていた
ということになるのです。

私は色々な機会に繰り返しお話しているのですが、
国際政治というのは危険なビジネスであり、
騙し騙されが世の常です。

もちろん、日本自らが、軍備を増強し、
「パワー」を増大化させる、ということが正攻法ではあります。

しかし、「リアリスト」であろうとするからには、
正攻法のみならず、あらゆる選択肢を考慮するものです。

その中には、今回、お話した「バック・パッシング」という概念はもちろん、
情報をコントロールすること、いわゆる「プロパカンダ」という考え方も、
とうぜん含まれます。

その多くの選択肢の中から、
自らの国益を最大化するための手段は如何なるものか?

我々はその判断力を身に付ける必要があるのです。

( おくやま )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼「リアリズム」の理論とは何か?
~ジョン・J・ミアシャイマー『大国政治の悲劇』から読み解く~
http://www.realist.jp/mea2.html

勃興する中国、混迷を続ける欧州、
そして、冷戦終結後の世界で覇権を握ったかと思いきや、
ここに来て、衰退の兆しも見え始めた米国。

その米国が、東アジアから撤退する可能性すら囁かれている現在、
これを読んでいるあなたは、
日本が大変な岐路に立っている、大変な状況に置かれている。
と言われれば、必ず納得するはずです。

では、そんな厳しい現状で、私たち日本人は何をすべきなのでしょうか?
それは・・・
古今東西、国際政治の底流に脈々と流れ続ける、
学問・学派としての「リアリズム」を真摯に学ぶことです。

しかし・・・
日本国内で一般的に言われているような、
ともすれば、"世俗主義"的な意味合いで語られる
いわゆる<現実主義>ではない、本当の意味での「リアリズム」を
しっかり学べる素材があまりにも少ない・・・
そんな想いの元に、今回のCDを企画・制作しました。

▼「リアリズム」の理論とは何か?
~ジョン・J・ミアシャイマー『大国政治の悲劇』から読み解く~
http://www.realist.jp/mea2.html
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼『管理人Twitter』
https://twitter.com/media_otb

▼「THE STANDARD JOURNAL ~『アメリカ通信』」
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼FacebookPage:「THE STANDARD JOURNAL」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp







ポチッと応援クリックお願いします m(_ _)m


国際政治・外交 ブログランキングへ

★お勧めする「大手企業運営の優良出会い系サイト」★

これらの出会い系サイトは大手企業が運営して
いますので、安心して利用することができます。


 一番にオススメするサイトです⇒ハッピーメール
 
他の出合い系サイトとくらべても女性会員数が圧倒的に多く、
出会いのチャンスがとても高いサイトです。
やはり女性会員の多いサイトは、出会いのチャンスも多いです。
出会い系初心者は、まず、このサイトをオススメします。
安心して利用できる有名老舗サイトです。


⇒料金が月定額制で使い放題「ラブサーチ」

料金は月額固定制ですので、
料金を気にせずに出会い系サイトを
使い方には最適です。
「6ヶ月コース」なら、月1,980円で
使い放題なので、
女性の扱いに慣れていない出会い系初心者の男性でも、
6ヶ月以内には女性と実際に会うことができるはずです(笑)
89%の会員が4ヶ月以内に出会いに成功しているそうです。
女性と確実に出会いたい男性には、
この「6ヶ月コース」をオススメします。
真面目なタイプの女性会員が多いのが
特徴です。



⇒ミクシイグループのワイワイシー

あの 「ミクシイ」グループが運営 している出会い系サイトです。
出会い系サイトに登録するのは、どうしても「不安」
という人は、こちらをオススメします。
ミクシイグループが運営しているだけに、女性会員も多く
出会い系サイト初心者の男性でも、安心して
利用できます。
会員の約80%ほどが出会いに成功しているサイトです。







関連記事